海外に目を向けた投資が必要な時代

 投資で資産を管理する方が増えていますが、投資の良いところというのは、国内だけでなく海外で資産を動かすことが出来るということです。投資と言えば、株や債券をイメージすると思いますが、株や債券での取引というのは、国内だけでなく海外でも同様に行うことが出来るのです。

海外でも投資を行うことが出来るということは、島国である日本の投資家の方にとっては、かなりの魅力と言えます。国内だけで投資の取引をしていると、万が一日本が自然災害や経済危機に遭ってしまった場合、株や債券の価値が一気に落ちてしまい、投資家たちが大きな損失を被る危険性があるのです。国内だけでなく海外の株式や債券で投資をしていれば、自然災害や経済危機による損失のリスクを軽減することが出来ます。

自分の国での投資取引だけに固執をしないことで、資産管理を円滑にかつリスクを軽減させながら行うことが出来ます。現在の日本の経済状況ですが、2013年時点で国債が1000兆円を超えるという借金大国となってしまっています。また、少子高齢化の勢いも止まる様子はなく、今後は社会保障費も増加をしていくだろうと予測をされていますので、日本が抱える借金問題は終わりが全く見えない状況にあります。

日本という国は島国であり地震大国とも言われています。2011年に東日本大震災が発生したことからも分かるように、自然災害による経済的な被害というのは、他の国以上に大きな影響を受けると言えるでしょう。そういったことから、海外での資産管理を行うというのは、自分の資産を守るためにも必要なのではないかと考えます。

近年、円安も進んできている状況でもあり、国内だけでなく海外での投資を行うという分散投資は、今の時代の流れに合っているのではないかと思います。昨今の経済状況や自然災害による被害の大きさを考えると、日本国内だけで資産管理をするよりも、海外にも資産を分散して万が一の時に備えておくことが大事なのではないでしょうか。今起こりうるリスクをしっかりと把握して、損失を出来るだけ少なくする対策を普段からしておかなければいけません。

これまでの日本人というのは、円の価値にしがみついてしまっていて、国内だけの投資に参加をするという傾向がありました。しかし、現在は円の価値が世界的にみて極端に高いわけではありませんし、日本の国としての価値も問われるような時代になっています。グローバル社会になっている現代、日本国内だけでなく世界にアンテナを張って投資を行うというのが、自分の資産を守るためにも必要なのではないでしょうか。投資であれば、日本国内に住んでいても海外の株や債券を売り買いすることが出来ます。海外で生活をする必要もありませんし、これまでの生活を維持することは出来ます。これからの投資は、日本国内だけにフィールドを持つのではなく、世界に目を向けるということが重要になってくるでしょう。